太陽光発電を発注するときは施工の仕方を確認する

太陽光発電を購入する場合、どの施工業者に頼めばいいのかわからない、という人も多いと思います。
太陽光発電を扱う一部の施工業者には、独自の施工部門を持たず、全て外注としているケースがあります。
そういった業者は、施工能力を持たないため、工事を細かに監理することが出来ず、技術面で不安が残るだけでなく結果的に不具合を残しやすいと言えます。
また、独自の施工部隊がありませんから、施工業者とのトラブルが発生するなどした際に自社で責任を持って再施工をする等といった対応は出来なくなってしまいます。
施工の体制は会社によって異なります。
トラブルに巻き込まれず、満足のいく工事をしてもらうためにも、事前に確認をすることをお勧めします。